4回目、4年目。変わったことと変わらないこと。

こんにちは。さくらです。


戸越八幡神社一箱古本市も、今年で4回目。
1回目は勢いだけでのりきって、2回目で手ごたえを感じて、3回目でかたちが見えたような気がして、4回目も安定したかたちでいけるかなと思っていたのですが、また新たな挑戦の回になりそうです!



4回目というのは4年目ということで。4年前とは変わったこともあるし、変わっていないこともあります。
4年もあれば高校も卒業してしまうわけですから、関係者の変化はやっぱり大きい。あのお兄さんの子は、初めて会った時はベビーカーに乗っていたのに、おしゃべりができるようになっているし、他にもいろいろ感慨深いもの。


戸越の街も変わっていっています。あのお店がなくなって、あのお店が新しくできて。久しぶりに歩くと、あれ?と思うことも。 戸越銀座の 駅も綺麗になりました。



でも、変わっていないものもあります。その一つが神社でしょうか。
参拝者が増えてますます賑わうようになりましたが、あの木立は変わらない。
あの大きな大きな木たちにとっては、4年なんてあっという間なんでしょう。
その変わらない大きな木たちの姿にほっとして、また、あの木立の下で一箱古本市ができるのが嬉しい。


4回目も、どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です