古本と餃子

gyouza

こんにちは。

割と近くに住んでいながら戸越には一箱に参加するまで駅を降りたこともなかった私ですが、最近は割とよく通うようになりました。去年か一昨年か、一箱の打ち合わせで戸越の街を訪れた際、地元の北海道の餃子を売っているお店を発見したことが始まりです。

馴染みのない戸越の街でいきなり目に入った北海道の町名の看板に「?」となりつつ店を覗くと若い女性が一人で切り盛りされている様子でした。
お店では基本冷凍された餃子の販売をされているのですが、焼いてもらって持ち帰ることもできるようです。
何種類かの餃子があるのですが、どれもとてもおいしく一度食べると常に冷凍庫にストックしてしまいたくなる美味しさです。

それからは一箱の打ち合わせの帰りや、休日などに戸越の街へ立ち寄ることが増えました。神社で参拝した後、餃子を買って帰る。 自分にとって戸越は一箱古本市と餃子の街になりました。

今年の戸越八幡神社一箱古本市は7月27日土曜日です。
1回目と2回目は出店者として、昨年の3回目からは実行委員として戸越の一箱に関わるようになり、今年は4回目を迎えます。

初めての夏開催、あの心地よい木漏れ日の境内でお待ちしています。

(き)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です